治療方針

症状や病名が同じであっても個々の患者さんにとってその治療法は一通りではありません。
疾患により最適な病院・他診療所との連携をはかりながら診療を行うよう心がけています。気になる症状は些細なことと遠慮はされず、お気軽にご相談いただければその解決に向けて全力を尽くします。
ご家族全員の健康管理医、かかりつけ医として皆様の健康的な生活を総合的にサポートします。

院長ご挨拶

当院は仙台市太白区長町にある1930年開院の医院です。
循環器疾患の患者様をメインに診療を行なっておりますが、生活習慣病や睡眠時無呼吸症候群の患者様の治療、内視鏡などの各種検査にも力を入れています。

また、みなさまにとってアクセスしやすい患者さんに寄り添う医療を提供するためにオンライン診療も実施しています。
患者様が質の高い日常生活を過ごせるよう、地域医療に貢献してまいります。

医院沿革

昭和5年宮城県村田町 渡辺医院開業 渡辺市次院長
昭和20年宮城県仙台市、北四番丁へ移転
昭和46年宮城県仙台市、長町へ渡辺内科胃腸科医院として移転 渡辺志津一院長
平成10年医院建物建て替え、副院長、循環器科部長 渡辺睦生就任 
電子内視鏡、心臓エコー等 最新機器多数導入。
平成11年ホームページ開設
平成13年消化器科部長 渡辺晴生就任
平成18年渡辺晴生 死去
平成20年渡辺睦生院長就任 渡辺志津一名誉院長就任
平成21年訪問診療、往診専用車導入
平成23年完全電子カルテ化、デジタル画像システム等導入
平成30年遠隔診療(オンライン診療)導入